予防歯科の啓発・教育・育成

Our Syllabus

KEEP28の実現に向け世界標準の予防型歯科医院の育成

詳しくは

スウェーデンスタイルの予防型歯科医院の育成

Course director 松野英幸

予防歯科の社会啓発から連携へ

Our Mission

医と産業の連携が健康寿命を延伸し健康社会を支える

詳しくは

KEEP28の実現に向けての社会啓発と産業連携

Planning director 畑慎太郎


JOFプロジェクト

フェーズ1
地域社会で予防歯科について話そう!

予防歯科の啓発・普及・共同活動を地域住民、企業、行政の三者がそれぞれの力を出し合って、地域住民の健康を口腔面から持続的に支援するグラウンドワークです。他団体とも協力して活動範囲を広げられる予防歯科普及活動の地域リーダーを目指しています。

アクション

フェーズ2
産業界で予防歯科について話そう!

産業界は地場産業も大手企業も問わず口腔の健康から従業員の健康の維持・向上を求めています。予防型歯科医院と産業の連携の目的は、単に長生きするだけではなく、QOLを高めて低成長社会を予防歯科から活性化させることにあります。

アクション

フェーズ3
数字で予防歯科について話そう!

生活者の口腔情報を数字と写真で示し自分の口腔状態を理解してもらいたい。 コ・デンタルスタッフと診療実績を数字で理解し共有し持続的発展をしたい。 ステークホルダーとなる企業や行政に診療実績データを示し社会貢献をしたい。 私たちは、あらゆる局面で予防歯科を数字で話せる医療マインドを持つ歯科医師を目指しています。

アクション

予防歯科医療者の啓発・教育・育成

「口腔の健康を守り育てる歯科医療」を学ぶセミナー

予防歯科の社会啓発から連携へ

予防歯科のパイオニア日吉歯科診療所の精神はJOFへと脈々と受け継がれています

社会啓発・連携

地方産業はもとより大手企業、自治体への予防歯科の広報・啓発活動から、予防歯科の社会実装のための協力・連携活動へと発展してきています。

写真は富士通Japan株式会社社の支援による台湾への予防歯科啓発活動の日本での発表の様子

モダン リベラルアーツ

各テーマに詳しい専門家の意見を伺うなど、有識者の指導・助言を得て 臨床へ、社会活動へとつなげます。


3月27日(日)JOF設立記念会ゲストスピーカー


江崎禎英先生プロフィール

内閣官房、資源エネルギー庁、岐阜県総合企画部、経済産業省、内閣府などを経て、社会政策課題研究所を設立、所長に就任。